kinalife

ひとり暮らし4年目。誰かの役に立つことを発信したい20代事務員の雑記ブログ

親や友達が泊まりに来たらお布団どうする?わたしが試した4つの方法を提案します

 

f:id:kinalife:20171202153143p:plain

 

みなさん客用布団どうしてますか?

 

実家には当たり前のように予備の布団が用意してありました。

でも一人暮らしだと客用布団をしまえるスペースがないので、親や友達が泊まりに来る時に布団がなくて困りますよね(・ω・`)

 

この記事では、一人暮らしでちゃんとした客用布団をもたないわたしが、親や友達が泊まりに来た時に試してみたことを紹介します。

 

 

 

 

1.シングルベッドまたは布団に一緒に寝る

 

まず手っ取り早く、自分が普段寝ているシングルベッドに2人で寝てみました
狭いです。当たり前ですが1人用なのでとっても狭いです。
しかもベッドは高さがあり、はみ出したら落ちてしまうので布団よりも危険です。

 

2人で寝るなら、せめて布団がいいです!

友達の家に泊めてもらった時は2人で布団で寝ましたが、肌寒い時期だったので温かくてちょうどよかったです。夏の暑い時期なら足とか腕とかはみ出してもいいし、布団1枚+座布団+タオルケットがあれば乗り切れそうです。

 

 

同じベッドや布団に2人で寝るなら、1番大切なのは

2人とも枕が変わると寝付けないタイプじゃないこと!

 

どんな環境でも寝られる鈍感力をもってる方なら大丈夫ですが、枕がかわると寝付けない繊細なタイプの方には厳しいです。

繊細な方だと寝られず辛い夜を過ごすことになってしまいます…。

布団に一緒に寝るしかない時は、泊まりに来る前に確認しておきましょう(´`)

せっかく来てもらったのに寝られなかったら申し訳ないですよね。


ちなみにわたしは鈍感なタイプなので、狭いベッドに2人で寝ても快眠でした(笑)

 

 

2.コンパクトなマットレスを購入する

 

ニトリのコンパクトなマットレスを買ってみました。


折りたためばクローゼットにもしまえるサイズ。

普通のマットレスと比較するとだいぶ薄いですが、値段のわりにしっかりしていて、一晩くらいなら乗り切れそうなクオリティです。

 

コンパクトなマットレスの上に、毛布+シーツを敷いて分厚くするとさらに寝心地がよくなりました。

 


 

 

 

3.マットレスは寝袋でも代用可

 

父親が単身赴任していた時は寝袋で寝てました

寝袋なら、安いものだと2000~3000円で買えます。収納性は最高ですが、薄い布団と同じく少しからだが痛かったです。買うなら冬の山に登る時でも大丈夫!みたいな分厚くて暖かそうなやつがいいかも。

 

寒い環境でも寝られる寝袋なら保温性ばっちりだし、丸洗いできるものを選べば管理も楽です。おまけに布団と違ってもともとコンパクトに収納できる仕様になってます。

 

山登りやキャンプが趣味なら買って損なしです!

そうでない方は、これを機にアウトドアな趣味を始めてみるのもいいかも。

 

 

 

4.お金はかかるけど、客用布団をレンタルは1番安心!

 

親や友達が泊まりに来ることがほとんどなく、布団や寝袋を買うのはもったいないという方は、布団をレンタルすることもできます。

 

最近はネットでレンタルできるので、

ネットで申し込む ⇒ 布団が家に届く ⇒ 布団を使用 ⇒ 引き取りを依頼 ⇒ 終了!

 

布団を洗ったり返却に行ったりする必要がないので、とにかく楽です!

 

普通の布団なので、薄くてからだが痛くなるとか寒いとか、そういったトラブルは発生しません。ただしその分、他の方法よりお金はかかります。

でもたまにしか会えない親や友達にゆっくりしてもらうなら、ちゃんとした布団をレンタルするのが安心ですよ~。

せっかく来てくれるなら、ゆっくりくつろいでもらいたいですよね。

 

 \布団レンタルここから!/

 

 

番外編:セミダブルのベッドを買う

 

もしあなたの部屋が広くお金にも余裕があったら、セミダブルのベッドを買っちゃうというのもアリです。

普段は1人で広々使って、親や友達が泊まりに来たら一緒に寝られる!彼氏ができても大丈夫!(お父さんが来たらちょっと困るけど…)

現実的じゃないですが、いつか結婚した時に使うと思えば買っても無駄にはならないかも?

 

 

まとめ

 

実家なら客用布団があるのが普通でしたが、一人暮らしだと実家と同じようにはできないところもありますよね。

せっかく親や友達が来てくれるので、快適に過ごしてもらえるようこれからもいろいろ模索していきたいです。