kinalife

結婚1年目の新妻、きなこもちの雑記ブログ

新卒でブラック企業に入社した社員が辞められなくなる負の連鎖とは?

 

仕事に疲れた男性

 

ブラック企業に勤めているのになかなか辞めない人、周りにいませんか?

程度は会社によって違いますが、転職経験のある方の話を聞いていると、ブラック企業ってたくさんあるんだな~という印象…。

(というかホワイト企業はどこにあるのってレベル)

 

わたしが新卒で入った会社もブラック企業でした。

その会社で長く在籍している社員は新卒で入社した人ばかりで、中途入社の社員はほとんどが1~2年以内に退職していました。

わたしの実体験や同僚の話をもとに、ブラック企業に新卒で入社すると辞められなくなる理由を考えてみました。

 

 

どうしてブラック企業に新卒で入ると辞められないのか?

新卒でブラック企業に入社するとその会社の常識=常識になる

社会に出たばかりの新入社員はまだ社会の常識を知りません。

そのため最初に入った会社で教えられたこと=社会の常識になります。

定時になったらタイムカードを切って、遅くまで残業して、失敗したら怒鳴られて、休日出勤して…ということが「当たり前」だと思うようになります。

 

もちろんそれが当たり前じゃないということは、だんだんと転職経験者や友人からの情報で知ることになります。

しかしその会社の常識しか知らないので、自分の勤めている会社がおかしいのか、たまたま話を聞いた人の知っている会社の待遇がいいのか、判断できません。

 

「最低でも3年間は勤めるべき」という考え

これも新卒で入社した社員にあてはまることですが、「新卒で入った会社で最低でも3年は勤めるべきだ」という考えが今も根付いています。

最低でも3年はやらないと、その仕事の本質を理解できないということですね。

入社してイメージと違ったり、ちょっと壁にぶつかったらすぐに辞めてしまう若者に口を酸っぱくして言いたい言葉です。

 

この言葉もブラック企業に入った新卒の新入社員を追い詰めてしまいます。

3年経っていないうちに仕事が辛くて辞めたいと思っても、「同じ会社で3年も勤められない自分に何か問題があるんじゃないか」「転職しても就職先が見つからないんじゃないか」という不安がストッパーになって転職に踏み切りづらくなります。

 

3年勤めたら立派な「古株社員」のできあがり

ブラック企業は離職率が高いので、毎年たくさんの社員が辞めていきます。

新卒で3年も勤めたら仕事もできるようになり、立派な「古株社員」です。

また、実力が伴う・伴わない関係なく、人不足を理由に上職者のやっていた仕事が下りてくるようになります。上も下も辞めていくので、そのたびに仕事が増えていきます。

その連鎖であっという間に自分が抜けたら回らない状況」になってしまいます。

 

社員が1人辞めても会社は普通に回っていくとは言いますが、人間なので、突然退職して毎日顔を合わせている同僚に迷惑をかけるのも申し訳ないという気持ちも働きます。

3年経ったら辞めようと思っていても、3年も勤めればいろいろな仕事を任されるようになっており、ずるずる辞めづらくなってしまいます。

 

長く勤めるほど転職への不安も募る

3年以上ブラック企業に勤めている人は、自分の会社がブラック企業であるとわかって働いています。

それなのになぜ転職できないのかというと、ブラック企業で自分がやってきたことがほかの会社でも通用するのかという不安が加わってくるからです。

 

社歴が長くなりその会社では頼れる存在になっていても、自分が今まで培ってきたことはこの会社でしか通用しないんじゃないか…とほかの企業とのギャップに不安を抱くようになります。

いざ仕事を辞めてほかの企業で通用しなかったら…と考えると、そのまま同じ会社に勤め続ける方が楽な気がしてきます。転職すると収入も下がる場合が多いので、家庭をもっている人はさらに踏み切れないでしょう。

 

そんな負の連鎖でブラック企業を辞められないまま時間が過ぎていきます。。

 

ブラック企業勤めの20代!早く転職しよう

ブラック企業に入ってしまい、今後長く勤め続ける自信がないという方は、早めに転職することがおすすめです。

ありきたりですが…

 

特に20代の方!30歳になる前に一度転職をした方がいいです!

今はどこも人不足で、まだ20代ならば未経験の職種・業種でも入社しやすいはず。

 

「でも思い切って転職しても、またブラック企業だったらどうしよう…」

 

という不安もありますよね。

わたしも転職活動中、よく不安になりました。

 

もちろん転職することで必ず状況がよくなる保証はありません。

でもブラック企業を一社しか知らないよりは二社知ってる方がいい!

どの会社にも良いところ、悪いところがありますが、同じ会社にずっと勤めていると会社を客観的に見るのが難しいです。

たとえば有休消化に対する印象も会社によって違います。

労働者の権利として法律で定められている有休ですが、有休を消化するのは当たり前だという雰囲気の会社もあれば、悪い印象を抱く文化が残っている会社もあります。

 

わたし自身、転職を経験したことで、「この会社はこういうところは良かったな」「逆にここは良くなかった」と、中にいた頃とは違う視点で会社を評価することができるようになりました。

 

 

【20代の転職ならマイナビジョブ20’sがおすすめ!】

 わたしも24歳で転職した時にマイナビジョブ20's 利用しました。

大手で安心だし、求人も多いので、「とりあえず求人だけでも見てみたら?」と声をかけてみてはどうでしょうか?