kinalife

結婚1年目の新妻、きなこもちの雑記ブログ

知らないと損!簡単&おいしいスパイスカレーは共働き夫婦にぴったりの時短メニューだった!

 

「ルウを使わず、スパイスを合わせてつくる“スパイスカレー”をつくりたい」

と夫が1冊の本を買ってきました。

 

 

「本格的なカレーってお店で食べるものでしょ?」

「自分で作るのはめんどくさそう…」

 

スパイスカレーにこんな印象をもっていませんか?

 

スパイスがたくさん必要で、お金がかかりそう。

私も夫の話を聞いた時、まず「めんどくさそう…」と思いました(^^;)

でも「私にもスパイスカレー作れました!」を読んで、 

カレーに対する考え方が180°変わりました!!

 

この記事では、「私にもスパイスカレー作れました!」のレビューと実際につくったスパイスカレーを紹介します(*'ω'*)

 

 

スパイスカレーはとにかく簡単だった!

本を読んでまず驚いたのは、レシピのシンプルさ。

使用する食材自体も、基本の食材数種類+メイン食材+ベースとわかりやすく説明されており、分量も覚えやすい数量にまとめてくれています。

基本の分量を覚えればレシピを見なくてもつくることができます。

実際にスパイスカレーにハマっている夫は、レシピを見なくてもつくれるようになりました。

 

「たくさんいるんじゃないの?」

と心配していたスパイスも、必要なのは4種類のみ。

あとは一般家庭でよく使われている食材ばかり。

さらにお鍋1つでできるという、主婦にやさしいレシピです。

しかもとってもおいしい(*' '*)

 

30分以内にできあがるので、共働きの我が家にもぴったりでした♪

平日の夜ごはんの新しい定番になっています。

 

手に入れやすい食材ばかりなのでお手軽♡

スパイスカレーに必要なスパイスはクミン、ターメリック、コリアンダー、チリパウダーの4種類です。

スーパーのスパイスコーナーに行けば必ず置いてあります。

100円ショップは小さいお店だと置いていないものもありますが、置いてあるお店に行けば1本100円で合計400円でスパイスをそろえられます(^O^)

意外と安くそろえられてびっくりしました。

 

それ以外に使うのは、玉ねぎやトマトなど、普段家にある食材ばかりです。

個人的にココナッツミルク入りのカレーがおいしくてお気に入りですが、ココナッツミルクは牛乳やヨーグルトで代用できるので必須ではありません。

 

きなこもち家でつくってみたスパイスカレーをご紹介☆

サバ缶×トマトペースト×牛乳

トマトは生のトマトでもトマト缶でもいいと書いてありましたが、生か缶詰かでけっこう味が違いました!

缶詰やペーストだと酸味が強い気がします。

サバ缶は栄養満点だしおいしいし、とてもおいしかったです♡

この日のごはんは黒米を混ぜて炊いたので、しゃれた感じになりました。

f:id:kinalife:20190730003526j:plain

 

 

鶏もも肉×トマト×ココナッツミルク

ココナッツミルクを入れるとこってりしたカレーになりました。

夜食べるなら牛乳やヨーグルトでつくった方がヘルシーでいいかも。

でもココナッツミルクを入れるとトマトの酸味がマイルドになって、とてもおいしかったです。あと色もマイルドになり、本格的な雰囲気をかもしています。

f:id:kinalife:20190730003507j:plain

 

大豆×コーン×ヨーグルト

お豆のカレーを家で食べたのは初めてでした。

肉、魚、豆、野菜、本当になんでもメイン食材になれるのはカレーくらいなんじゃないかな。合わない食材がない気がします。

玄米ごはんを合わせてよりヘルシーなお昼ごはんになりました。

f:id:kinalife:20190730003713j:plain

 

まとめ

スパイスカレーはスーパーや100円ショップで手に入るスパイス4種類と、普段よく使う食材でつくれて、意外と簡単でした!

短時間で簡単につくれて、メイン食材を変えられてバリエーションも豊富なので、忙しい共働き夫婦でも重宝されると思います(*^^*)

 

私がスパイスカレーにここまでハマれたのは、「私でもスパイスカレー作れました!」がとてもわかりやすく、スパイスカレーの魅力をたくさん伝えてくれたからです。

スパイスカレーに興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。