kinalife

夫と0歳の息子と3人暮らしの管理人きなこもちの雑記ブログ

カフェインが気になるけど緑茶が飲みたい妊婦さんに!デカフェ生茶がおいしくておすすめです

f:id:kinalife:20200307100218j:plain

 

私がつわりで気持ちが悪い時期に辛かったのが、カフェインの含まれているお茶を飲めないことでした。

 

この記事では、私がつわりでノンカフェインのお茶を飲めず辛かった時に箱買いしていた、デカフェ生茶をご紹介します。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キリン 生茶 デカフェ(430ml*24本入)【生茶】
価格:2080円(税込、送料別) (2020/3/6時点)

楽天で購入

 

 

 

妊娠中のカフェインの摂り過ぎは赤ちゃんの成長を妨げるらしい

茶葉を原料につくる緑茶、紅茶、烏龍茶、ほうじ茶には、カフェインが多く含まれています。

カフェインは妊娠中に絶対摂ってはいけないというものではないですが、摂り過ぎると赤ちゃんの成長に影響が出るという話があります。

妊娠に関する本やサイトを見てみると、コーヒーなら1日1杯、紅茶なら1日1~2杯程度にしておいた方が安心とのこと。

 

赤ちゃんに影響があると言われると、我慢するしかありません。

妊娠前は緑茶やほうじ茶をよく飲んでいましたが、妊娠がわかってからはノンカフェインの麦茶や黒豆茶、ルイボスティーなどを買って飲むようになりました。

最初は「意外とおいしいじゃん」と思って飲んでいましたが、味に慣れていないからか、緑茶やほうじ茶のように1日に何倍も飲む気にはなれません。

たまに飲むのはおいしいけど、、って感じです。

 

つわりでノンカフェインのお茶を飲みたくなくなる

妊娠6週頃からつわりによる体調不良がスタート。

私の場合「吐き気はないしごはんは食べられるけど、何となく気持ちが悪い」状態が続くという、軽めのつわりでした。

それでも「何となく食べたくないもの・想像すると気持ちが悪くなるもの」がいろいろとあって、食べる気になれないものがいくつかありました。

自然と食べる量が減って、1~1.5㎏体重が減りました。

 

そして「食べたくないもの」の中に、ノンカフェインの麦茶や黒豆茶、ルイボスティーたちが続々と仲間入りしていきました(*_*)

飲めるけど、飲んでも別に吐いたりはしないけど、飲みたくない…。

さすがに水分はしっかり摂らなきゃいけないとわかってはいたので、何とか毎日飲んではいましたが、全然足りていなかったみたいで、つわり中はひどい便秘に悩まされました(*_*;

 

つわり中の救世主!デカフェ生茶の発見

飲まなきゃいけないけど飲みたくないで、しんどい思いをしていた時に、、

 

 

赤ちゃん本舗でデカフェ生茶を発見!!

 

妊婦だけど堂々と緑茶が飲める!!と嬉々として買って帰りました(*'ω'*)

 

通常の生茶よりは苦みが少なくあっさりしている感じもしましたが、普通においしい緑茶で、緑茶をたくさん飲めるのがめちゃめちゃ嬉しかったです!

その後、すぐにデカフェ生茶を楽天市場で箱買い。

会社にも持っていって毎日飲んでいました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キリン 生茶 デカフェ(430ml*24本入)【生茶】
価格:2080円(税込、送料別) (2020/3/6時点)

楽天で購入

 

 

デカフェ生茶を買うならネット通販が便利

私が初めてデカフェ生茶を発見したのは赤ちゃん本舗でした。

ただ、取り扱っているものの多い大きな店舗だったので、他の店舗に必ず取り扱いがあるのかは確認できていません。私の家の近所の西松屋には売っていませんでした。

 

スーパーにも売っていないかも見てみましたが、品ぞろえの豊富なスーパーだと売っているところもありますが、売っていないスーパーも多い印象です。

 

ご近所に売っているお店があればいいのですが、ない場合は探し回るよりネット通販で注文するのが楽で確実です。

ネット通販なら箱買いしても家まで持ってきてもらえるし、楽天などのネット通販で購入するのが楽だし早いです◎

 

デカフェ生茶のデメリットや残念なポイントはあるの?

デカフェ生茶は普通の緑茶より渋みなどは少なくあっさりしていますが、十分おいしいので、特に大きなデメリットは感じていません。

しいて挙げるとするなら、

 

◆普通の生茶よりも値段が高い

◆430mLのペットボトルしか販売されていない

 (1~2Lの大容量のものがない)

 

の2点くらいでしょうか。

緑茶からカフェインを除くという手間がかかっているので仕方がないことですが、普通の生茶より値段が高くなっています。

1本あたり430mLと量が少なめです。(普通の生茶は525mL)

そして1~2Lの大容量タイプの販売はないので、箱買いしてガンガン飲んでいると空になったペットボトルが大量にたまります(;・∀・)

ペットボトルを捨てに行く頻度がすごく増えました(笑)

 

カフェインのことを気にせず緑茶を飲めることは、妊娠中にいろんな不安を抱えていた私にはとてもありがたかったので、今後はぜひ大きいサイズの販売も検討してほしいです…!

 

デカフェ生茶で少しでも快適なマタニティライフを!

ノンカフェインで妊婦さんでも安心してごくごく飲める、デカフェ生茶をご紹介しました。

私自身、デカフェ生茶のおかげで不安が1つ減りました。

妊娠中はつわりがひどい方や、マイナートラブルに見舞われて精神的に不安定になりやすい方など…妊婦さんは本当にさまざまな不安を抱えていると思います。

この記事を書いたことが、どこかで頑張っている妊婦さんの不安を取り除くきっかけになってくれたら嬉しいです。