kinalife

夫と0歳の息子と3人暮らしの管理人きなこもちの雑記ブログ

0歳息子を連れて通院した感想【総合病院/歯医者/眼科】

f:id:kinalife:20210222163622p:plain


赤ちゃんがいると行きづらい場所が一気に増えますよね。

病院もそのひとつです。

私も病院にはできることなら行きたくないんですが、産後に手術を受ける予定があったこともあり、息子が生まれてから毎月のように病院に行っていました(*_*;)

 

この記事では、私が0歳息子を連れて通院した感想を書きました。

総合病院、歯医者(保育士さん在籍)、眼科の3つを受診した時のことをまとめたので、どなたかの参考になれば嬉しいです(^^♪

 

総合病院の場合

産後に手術を受ける予定があったので、息子と自宅に戻ってからも出産した総合病院に通っていました。

私の場合、検査や日帰り手術を受けることが多く、どうしても息子と離れなければならない時間ができてしまうため、基本的には義母に息子のお世話をお願いして通院していました。

何度か息子を連れて行ったこともありますが、それは検査や手術の予定のない、診察のみの日です。

それ以外の日は病院側にも迷惑がかかってしまうと思い、連れて行けませんでした。

 

というか、総合病院に通ってる時点で、何かしらの検査や手術を受ける可能性が高い  ですよね(*_*;

待ち時間が長かったり、息子と離れざるをえない時間があったり、0歳児を連れての総合病院通いは厳しいな~と思いました。

 

診察のみなら総合病院は個人病院と違って廊下が広いし、エレベーターもあるし、ベビーカーにのせて連れていけていいんですけどね…

 

総合病院へ通院する場合はやっぱり夫や実家、一時保育、シッターさんなどを頼るしかなさそうです。

私も住んでいる市の一時保育について調べましたが、6か月を超えないと受け入れてもらえないということで、産後すぐの通院では使えませんでした(*_*)

実家が遠いのであれば夫に休みをとってもらうか、いいシッターさんを早めに探しておいた方がいいですね。

私は義実家が近いのでかなりお世話になっていますが、保育のプロではないし、私や夫のように毎日息子をみているわけではないので、長時間になると少し心配になります(;^^)

海外と違って日本ではシッターさんってまだまだ身近ではないですが、いざという時に安心して頼める人がいるというのは、精神安定上いいなと思います(*^-^*)

 

個人病院の場合

歯医者(保育士さん在籍)

産後の歯科健診のため行きました。

自宅から車で行けるところに、保育士さんが在籍している歯医者があり、利用してみました。 

その歯医者では月曜日と水曜日の午前中なら保育士さんがいるとのことだったので、水曜日の午前中に予約しました。

 

当日、受付を済ませると保育士さんが奥からやってきて、息子を預かってくれました。

普段どれくらい子どもが来るのかはわかりませんが、その時間は息子だけだったようです。そのまま待合室にあるこぢんまりとしたキッズスペースで見ていてもらえました。

 

人見知りが始まっていてもおかしくない時期だったので、大丈夫かなー?と少し心配していましたが、泣き声は一切聞こえてこず。

むしろ嬉しそうな叫び声が診察室まで聞こえてきました(笑)

診察を終えて戻ると、息子は保育士さんの胸の中でぐっすり…(˘ω˘)

 

「可愛いねえ~。抱っこしたらすぐ寝ちゃいました(^^)」

 

と、息子を可愛いと言われて私もまんざらでもない(*'ω'*)

短時間だったからかもしれませんが、夫や実家に預けるよりもずっと安心じゃないか…なんて思ってしまいました(笑)

さすが保育士さん!!

やっぱりプロはすごい!!

 

私の近所には他にも、バウンサーを貸してくれるところや赤ちゃんと一緒に診察室に入れるところなど、子ども連れの人でも通いやすいようにしている歯医者さんが多かったです。

歯医者は他の病院よりも子ども連れにやさしい印象を受けました。

 

また、「赤ちゃん連れOK!」とHPに書いてある病院でも、前もって子どもを連れてくることを連絡してほしいと書いてあるところもありました。

なので連れて行く場合は予約する時に伝えるか、予約しない場合でも連れて行っても問題ないか一度電話をしておくと安心ですね◎

 

今回息子を保育士さんに見てもらってすごくよかったので、次の健診も同じ歯医者にお世話になろうと思っています。

また、今後もし急に歯医者に行きたくなっても、息子をどうするかを気にせずに歯医者に行けることがわかり安心しました(^^)

 

眼科

コンタクト購入のために眼科に行きました。

託児スペースなどはありませんでしたが、コンタクトを作るための検査だけなら息子を抱っこしながらでも行けるかなと思い、息子を連れて行きました。

 

今回はヒップシートに息子をのせて抱っこして行きました。

視力をはかる機械に顔をのせるときは、ヒップシートを左側にずらして息子が機械にぶつからないようにしたら大丈夫でした。

ただ、息子が手の届く範囲にあるものを何でも掴もうとするので、近くにあったティッシュを引っ張りそうになって焦りました(*_*;

看護師さんが気付いてどけてくれましたが、周りに何か触りそうなものがないか見とけばよかった~~~。

反省点はありましたが、抱っこ紐だと前に固定されてしまって動かせないないので、位置をずらせるヒップシートがちょうどよかったです◎

 

私が使ってるヒップシートのリンクを載せておきます。

私は黒色のヒップシートを使ってます(^^)

 

 

上の写真のように、ずり落ち防止のために外側がでっぱっているので、抱っこしやすいです。息子の背中を片手で押さえておけば安定して抱っこできます。

8か月になってから買いましたが、すごく重宝してます。

 

 

次の片目を隠してやるアナログの視力検査とその後の診察は、息子を抱っこしながらでも問題なく受けることができました。

そしてコンタクトレンズを試す時は、看護師さんが気を遣って息子を抱っこしてくださいました(><)

 

一応コンタクトレンズを装着するのはわかってたので、ヒップシートのショルダー(別売り)を使って手を離しても息子が落ちないよう固定しようと思っていました。

それでも8か月になって好奇心旺盛な息子がコンタクトに手を伸ばす心配はあったので、抱っこしてもらえてありがたかったです(><)

 

その後は看護師さんにご迷惑をかけることなく、コンタクトを購入することができました。

眼科は抱っこしながらでも受けられる検査が多いので、息子を連れていてもスムーズに診察を受けることができました(^^)

 

0歳児を連れて病院に行くには下調べと工夫が必要でした

総合病院への通院に息子を連れて行くのは厳しかったけど、歯医者と眼科は息子を連れて受診することができました。

歯医者は赤ちゃんOKのところが多い印象だったので、赤ちゃんにやさしい皮膚科や整形外科も増えてほしいなーと思いました。

内科は小児科と一緒になっているところなど、赤ちゃん連れでも行きやすいところもあるので、他の科にぜひ頑張ってほしい(^^)

 

息子が生まれてから行きづらい場所が増えて、病院に行くのも一苦労ですが、赤ちゃんにやさしい歯医者だったり、抱っこしながらでも受診できた眼科だったり、下調べと工夫次第で行こうと思えば行ける!ということも感じました。

そうでないと、子どもが2人、3人といる家庭は何もできなくなっちゃいますもんね(;^ω^)

 

産後の通院は、子どもがいることを理由に何でもかんでも行けない・できないにならないように、「どうやったら行けるか?どうやったらできるか?」を頑張って考えようと思うきっかけにもなりました。

 

とりあえず今月で通院がひと段落したので、今度はコロナが落ち着いたら息子と一緒にどこに行こうかな?何をして遊ぼうかな?ということを頑張って考えます(^O^)