親や友達が泊まりに来たらお布団どうする?一人暮らしの客用布団事情について

f:id:kinalife:20171202153143p:plain

一人暮らしをしていると、親や友達が泊まりに来た時に布団をどうするか困りませんか?

実家って当たり前のように客用布団がありますよね。
でも一人暮らし用の部屋の収納スペースはそんなの大きくないので、生活に必要なものを収納するだけで精一杯でした。
一人暮らしを始めてから、客用布団があるのは当たり前じゃなかったんだなと気付きました。

この記事では、一人暮らしで客用布団をもっていなかった私が、親や友達が泊まりに来た時に使っていた方法を紹介します。
一人暮らしをしていた4年間に試行錯誤したことや、友達の使っていた方法をまとめたので、よかったら参考にしてみてください。

シングルベッドorシングル布団で一緒に寝る

彼氏が泊まりに来た時は、自分が普段寝ているシングルベッドに2人で寝てみました。
何の準備する必要なく、1番手っ取り早い方法です。

シングルベッドorシングル布団で一緒に寝る メリット

メリットは何も準備しなくていいこと。

シーツを洗濯したり部屋を清潔にしたりしておくくらいでしょうか。
1番気がラクな方法です。

シングルベッドorシングル布団で一緒に寝る デメリット

デメリットは2つあります。

  • 狭くてゆっくり寝られない
  • 人を選ぶ (両親や繊細な人はNG)

1つめのデメリットは、狭くてゆっくり寝られないこと。
当たり前だけどシングルベッドや布団に2人で寝るのは狭い!
寝られないことはないけど、ゆっくり寝るのは難しいです。
やっぱり1人で寝る方が快適です。

さらに私の家のベッドは、下が収納になっているタイプのもので、普通のベッドよりも高さがありました。
つまり落ちると痛いです…。
落ちたことはないですが、少し怖かったです。

無理やり2人で寝るなら、シングルベッドじゃなくシングル布団の方が快適でした。

友達の家に泊めてもらった時に2人でシングル布団で寝たこともあります。
もちろん狭かったけど、ベッドのように落ちる恐怖心はないし、肌寒い時期だったので温かくてちょうどよかったです。
夏なら足や腕は布団からはみ出しても大丈夫だし、むしろ床が冷たくて気持ちがいいはず。
座布団やタオルケットも用意しておけばさらに快適です。

デメリットの2つめは人を選ぶこと。
私の場合、友達や彼氏とならシングルベッドやシングル布団で一緒に寝ることにあまり抵抗はないですが、母親と一緒に寝るのは嫌だなあと思います。(父親は論外)

また、すぐ近くに他人がいると寝られなかったり、小さな物音ですぐに目が覚めてしまったりする繊細なタイプは絶対に無理です。
全然寝られずに辛い夜を過ごすことになってしまいます(*_*;)
シングルベッドやシングル布団で一緒に寝る時は、前もって伝えておきましょう。
せっかく来てもらったのに全然寝られなかったらかわいそうなので…。

私は一度寝たらなかなか起きないタイプなので、そこは大丈夫でした(笑)

寝袋で寝てもらう

昔、単身赴任していた父親の家に泊まりに行った時は寝袋で寝ていました。

寝袋で寝てもらう メリット

  • 安いものなら2,000~3,000円で買える
  • コンパクトに折りたためるので収納性◎
  • 保温性の高い寝袋なら冬でも寒さ対策ばっちり
  • 丸洗いできるものならお手入れが簡単
  • 非常時に防災グッズとしても使える

思っていたより安く買えるし、普通の布団と違ってコンパクトになるのもいいですよね。
登山やキャンプに使うものなので保温性の高いものも多く、冬でも問題なく使えます。

寝袋で寝てもらう デメリット

実際に寝袋で寝ると、厚みがないのでほぼ床に寝ているのと同じ状態。
しばらく寝ていると身体が痛くなります(*_*;)

私は畳の部屋で寝ていましたが、畳でも痛くなりました。
今思えば、下に座布団か何かを敷けばマシだったかもしれません。
短期間ならいいと思いますが、何日も使っていると布団で寝たくなりますね(;^^)

でもお客さんにはゆっくりしていってもらいたいですよね。
友達や両親に寝袋を使ってもらうのが申し訳なければ、自分が寝袋に寝て、友達や両親にベッドや布団を使ってもらうのもアリです。
ちょっと身体が痛くなるかもしれませんが、それさえ我慢できれば、私は寝袋の購入が一人暮らしにとって1番合理的な客用布団対策だと思っています

メリットに挙げたように、防災グッズとしても使えるので、ひとつ購入しておいても損することはないと思います。

布団をレンタルする

部屋の収納スペースはないけど、友達や両親にちゃんと布団でゆっくり寝てほしいという方は、布団をレンタルするという方法もあります。
DMM.comのいろいろレンタル!では、西川の羽毛布団をレンタルすることができます。


布団をレンタルする メリット

  • 友達や両親に清潔でふかふかの布団で寝てもらえる
  • 布団の洗濯やお手入れが不要
  • 布団の収納スペースも不要
  • ネットで簡単に申し込める
  • 自宅に届けてくれる&引き取りに来てくれてすごくラク

布団レンタルは、友達や両親にゆっくり寝てもらえるのが1番のメリットですね。
レンタルの流れが簡単なのもありがたいです。

【布団レンタルの流れ】
①DMM.comに登録する
②ネットで申し込みをする
③指定した日に布団が家に届く
④友達や両親に寝てもらう
⑤布団の引き取りを依頼する

ネットで申し込めば自宅に届けてくれて、使い終わったら引き取りに来てもらえます。
布団のお手入れや、かさばる布団を持って返却に行く必要がないので、忙しくてもささっと手配することができます♪

布団のようなかさばるものを簡単に借りられるなんて、すごく便利ですよね。
たまにしか会えない友達や両親にゆっくりしてもらいたいなら、布団をレンタルするのが1番安心で確実な方法だと思います。

布団をレンタルする デメリット

最大のデメリットはレンタル料が高いことです(T_T)

レンタル料は借りる日数によっても変わりますが、友達や両親が頻繁に泊まりに来る人は、そのうち布団を買う方が安くなってしまいます。
友達や両親が来る頻度がそこまで多くないなら布団レンタルでもいいですが、頻繁に泊まりに来るのであれば寝袋や布団を購入した方がコスパはいいです。
布団をレンタルできるのは便利なんですが、それなりにお金がかかります。

まとめ

一人暮らしの家に友達や両親が泊まりに来た時の対策を3つ、紹介しました。

  • シングルベッドorシングル布団で一緒に寝る
  • 寝袋で寝てもらう
  • 布団をレンタルする

準備不要でお手軽なのはシングルベッドor布団で一緒に寝る、
コスパや収納性◎で一人暮らしに1番ぴったりなのは寝袋購入、
お金はかかるけど1番快適なのは布団レンタルでした。

制限のある中で工夫をするのは大変ですが、この記事も参考にしていろいろ試してもらえると嬉しいです♪
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメント

  1. tecentnapdo より:

    Great information. Many thanks!
    cialis sale online cialis 05
    free cialis http://cialisvipsale.com
    cialis en 24 hora cialis super kamagra
    cialis pills

タイトルとURLをコピーしました