帝王切開で出産したら31万円黒字になりました【出産育児一時金・高額療養費制度・医療保険をフル活用】

2020年5月に帝王切開で男の子を出産しました。

妊娠8か月の時に腎盂腎炎と切迫早産で急遽入院し、そのまま出産を迎えました。
入院期間はなんと1か月!
その結果、出産費用が高額になってしまいました(T_T)

1か月の入院生活を終えてお会計をする時、金額を見るのがすごく怖かったです。

しかし、健康保険や個人で加入していた医療保険をフル活用したところ、出産費用が31万円黒字になりました!

この記事では、実際に出産にかかった費用と、出産費用をまかなうために利用した制度(出産育児一時金、高額療養費制度、医療保険)についてまとめました。
出産にかかるお金について気になっている方の参考になれば嬉しいです(^^)

出産を含め1か月間の入院にかかった費用:¥756,000

帝王切開での出産を含め、1か月間の入院にかかった費用は75万6000円でした。
めちゃめちゃ高い!!

帝王切開だったので、出産費用は保険適応になっています。(普通分娩は保険適応外)
保険適応で3割負担になってもこの金額です。
もし10割負担だったら…と考えると恐ろしいですね(*_*;)

私の場合、出産前に腎盂腎炎と切迫早産で入院していた費用も含まれているので、通常の帝王切開よりもだいぶ高額になりました。
ちなみに、今回私の出産した総合病院では、普通に帝王切開で出産した場合にかかる費用は約50万円だそうです。
私は出産前のトラブルがあった分、通常の1.5倍の費用がかかってしまっています。

退院時の支払い金額:¥776,000 – ¥420,000(出産育児一時金) = ¥336,000

私の出産した病院では、出産育児一時金の直接支払制度を利用していました。

出産育児一時金の直接支払制度とは?

出産前に被保険者等と医療機関等が出産育児一時金の支給申請及び受取りに係る契約を結び、医療機関等が被保険者等に代わって協会けんぽに出産育児一時金の申請を行い、直接、出産育児一時金の支給を受けることができる制度です。

出産育児一時金の支給が協会けんぽから直接医療機関等へ支払われることから、医療機関等の窓口で高額な出産にかかった費用を支払う必要がありません。

参照:出産育児一時金について | よくあるご質問 | 全国健康保険協会

本来、産婦さんが健康保険組合に申請して出産育児一時金を受け取ります。
しかし産婦さんが受け取ったお金は、結果的に出産費用として医療機関に支払われます。
それなら一度産婦さんを通すのではなく、健康保険組合から直接医療機関に支払って申請の手間を少なくしようという制度です。

出産育児一時金の直接支払制度は、出産する病院から書類をもらい、サインして提出するだけで利用できます。
私も利用しましたが、すごく簡単でした。
自分で健康保険組合に申請するより絶対にラクです。

出産費用が高額になった私は特に、75万6000円という大金を退院時に全額支払わずに済んだので、すごくありがたかったです。
あとから戻ってくるとはいえ、大金が一気に出ていくのは大変です…。

実際に私が退院時に支払ったのは、出産費用75万6000円から出産育児一時金42万円を引いた、33万6000円でした。

   出産費用    出産育児一時金   退院時の支払い
 ¥756,000 -     ¥420,000  =  ¥336,000

出産育児一時金のおかげで、高額だった出産費用が半額以下になりました。
(それでも高額ですが…!)

高額療養費制度の利用で、自己負担が¥336,000→¥57,600に!

 

普通分娩で出産した場合の出産費用は、保険適用外です。
しかし私が経験した帝王切開や、吸引分娩、鉗子分娩などが行われた場合は保険適用となり、高額療養費制度の対象になります。

高額療養費制度とは?

同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、
一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度。

参照:https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/sb3030/r150/

自己負担限度額は収入によって変わります。
収入が多ければ自己負担額は高くなり、収入が少なければ自己負担額も安くなります。

私の収入だと自己負担限度額は5万7600円でした。
つまり1か月の医療費が5万7600円を超えると、超えた分だけ払い戻しを受けることができます。

高額療養費制度を利用できる条件は、同一月(1日から月末まで)というところが重要です。

例)自己負担限度額5万7600円の人が、1週間入院し医療費が10万円かかった場合
1月に5万円、2月に5万円の医療費がかかった ⇒ 高額療養費の利用不可×
1月に10万円の医療費がかかった        ⇒ 高額療養費の利用可能○

このように、医療費が高額でも、月をまたいでしまうと高額療養費制度を利用できない場合があります。

私はたまたま入院したのが5月初め、退院が5月末だったので、問題なく高額療養制度を利用することができました。

私は高額療養費制度を利用することで、退院時に支払った33万6000円から自己負担限度額5万7600円を引いた、27万8400円の払い戻しを受けることができました。

退院時の支払い金額   高額療養費制度による払い戻し   自己負担限度額
 33万6000円   -      27万8400円     =  5万7600円

予定帝王切開の場合は、限度額認定証を申請しておくのがおすすめ

私のように予定帝王切開だった場合、あらかじめ限度額認定証というのを申請しておけば、医療費が自己負担限度額を超えた場合に窓口で支払いをしなくても済むそうです。

予定帝王切開の方はもちろん、出産は何が起こるかわからないので、前もって申請しておくと安心です。

私は限度額認定証を産後に知ったので、申請していませんでした(;^^)
申請していれば最初から5万7600円の支払いで済んだので、早めに申請しておけばよかったなと後悔しました。

個人で加入していた医療保険の給付金:¥370,000

私の出産費用が黒字になったのは、個人で加入していた医療保険の給付金がおりたことが大きいです。
私は出産の約1年前に、入院や手術の保障を受けられる医療保険に加入していました。
今回の入院で私が受け取った給付金の内訳を紹介します。

《医療保険から受け取った給付金の内訳》
・入院一時金   ¥50,000
・入院給付金   ¥5,000/日×24日間=¥120,000
・手術給付金①  ¥100,000 (※腎盂腎炎の治療のために受けた尿管ステント留置術)
・手術給付金②  ¥100,000 (※帝王切開術)
→合計 ¥370,000

※ちなみに…
入している保険は「チューリッヒ生命 終身医療保険プレミアムDX」
 保険料は年間2万円弱。(1か月ごとに換算すると約1700円)
しっかり給付金もらえてありがたかったです。

尿管ステント留置術は、妊娠中に発症した水腎症を抑えるための処置なので、出産には関係ありませんが、こちらも手術なので給付金を受け取れました。

出産費用以外の要素が多すぎて、順調に妊娠・出産を迎えている方の参考にはならないかもしれません(;^^)

自己負担限度額   医療保険の給付金
¥57,600   -   ¥370,000  = -¥312,400

医療保険の給付金のおかげで、結果的に出産費用が黒字になりました

昔から大きな病気はしたことがなく、からだは丈夫な方だと思っていたので、こんなに早く医療保険のお世話になるとは思いませんでした。
妊娠・出産を通して想像以上にお金がかかったので、医療保険に入っていてよかったです。

これから妊娠・出産を考えている方は、掛け捨ての安い保険で十分なので、検討してみるのもいいと思います。

私は2人目をどうするか決めるまでは、医療保険に入っておこうと思っています。
(2人目が生まれたらその後は解約するかもしれませんが)

まとめ

◇出産育児一時金

◇高額療養費制度(※帝王切開、吸引分娩などの異常分娩の場合)

上記2つは誰でも使える制度なので、出産前に確認しておきましょう(^O^)

◇医療保険

入院や手術について最低限の保障をしてくれるものに入っておくと安心です。

最終的に黒字になった私の出産費用についてでした。

一例として参考にしていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました